整理収納アドバイザー2級講座のお申し込みはこちらから

訪問型 整理収納サービス– SERVICES –

初めて整理収納サービスを依頼するってドキドキしますよね?とっても散らかっていて申し訳ない…初回訪問でみなさんそうおっしゃるのです。でも、その散らかった状態を前向きにするために私はお伺いしているのです!

よくお引き受けしているご依頼の特徴と共に、《りなのや》だからこそできるサービスについてご紹介します。


《りなのや》のお片づけの特徴

<Features1>片付けの“選ぶ”をエスコートする

量を減らす、というのは確かに片付けのゴールまでの最短距離です。

けれども、それにとらわれない、ゆっくりめのスピードでもいいから、きちんと使い切りながら片付けていきたいという希望もとても多いのです。人間関係や家族の生活環境によって、もう少しだけ様子をみたい、たくさん持たざるを得ない…という場合も多々あるのが現実。それなのに、プロに手伝いをお願いしたら「わけがわからないうちにたくさん捨てさせられた」というような経験をされた声を少なからず耳にします。

8割収納、7割収納は必要ない。収納の中にぴったり収めて、そこからじわじわ減らすの、頑張るよ…という選択肢があってもいい。次のシーズンに着てさようならする、という選択肢だってあっていい。

そこに甘えて収納の中の使い勝手が悪くなりそうなポイントを見過ごさず、「その課題をどうするか?」を適切なタイミングで問いかけるのがプロにしかできない仕事なのです。決して、ゴミ袋にどんどん詰めていく、残りを収納するだけの仕事ではありません(ザクザク処分してしまいたい、見過ごせない賞味期限切れのものが山ほど…というご依頼ももちろんありますが)。

片付けの核心は、頭を使って“選ぶ”作業にあります。何を使うために残すのか、手放すとしたら「譲る」「売る」「処分する」のどれだろう?次には、誰に譲り、どこで売り、どんな処分方法に分類するのか…そして残すものを、どこにどのように収納・保管するのか。全て「選ぶ」連続です。その複雑な分岐を、ご依頼者さまの暮らしと希望と未来に合わせてアレンジし、選ぶお手伝いをするのが経験を積んだプロにしかできない仕事と私は考えます。

整理収納の基礎理論をベースに、多くの現場から得たふんだんな経験を加え、あなたの悩みや暮らしに合わせた“選ぶ”をエスコートします。

<Features2>従来の依頼者同席型だけではなく、一時的な離席・完全離席に対応

特に個人が提供している整理収納サービスは、依頼者に「片付けを学ぶ・一緒に作業をして片付けのやり方を覚えてもらう」スタイルが中心になっています。

ですが、産前・産後・育休中で依頼者が頻繁な離席が必要であったり、リモートワークと並行した時間帯にほぼ完全離席で依頼をしたいという方が多く、「家の中の整理収納の枠組みをプロに整えてもらう」という意味でのニーズが非常に高まっています。このニーズは従来の整理収納サービスに特化したプロにはなかなか応えづらく、ヒアリングと作業とに十分な経験が必要なものとなっています。

《りなのや》のコンサルタントは家事代行サービスで修行を積んできた関係で、依頼者同席型の作業は言うまでもなく、一時離席・完全離席での経験が非常に豊富です。

  • 乳幼児の授乳・離乳食・お昼寝・ぐずり・オムツ替え
  • 保育園や幼稚園の送迎
  • お子さまの習い事の送迎
  • お仕事/自宅勤務/テレワーク

だけではなく、その日の家事を滞りなく進めたい…洗濯物を干したり、夕食の下ごしらえをしたりといった離席にも「遠慮せずにどうぞ!!!」というスタンスでサービスを提供しています。子育て共働きのママさんからのご依頼を多く経験してきたからこそできる、整理収納スタイル・スタンスです。「ちょっと会議してきます!」というテレワークで一時離席される方も昨今の状況で増えましたね。

<Features3>収納用品に頼りすぎない片付け

《りなのや》の整理収納はいわゆる“インスタ映え”を目指すようなスタイルではありません。

理想と予算とを率直にご相談いただければ、家の中にあるものでできる限りやりくりするところから、100円均一で上手く買い足す、専門的にベストな商品の松竹梅まで、そのご家庭のご要望に合った提案をいたします。

昼休憩の帰り道に近隣店舗で買い出して戻ること(料金は建て替えて戻って実費を精算)もありますし、依頼者さまが「どんな商品か教えてもらえれば今から自転車で買って来ます!」なんて行動を起こされることもしばしば。よほどこだわりがあるのでなければ、最近の100円均一はかなり優秀ですからそれで十分なことが多いです。実際に使ってみて感じることも多いので、最初から凝った高い商品の購入を推奨することはありません。

もし「ここにどんな家具や収納用品があればいいと思いますか?」とご相談いただければ、その時お答えできる範囲で回答いたしますし、片付けが苦手な方だと商品探しに苦労されるかなという場合は、後ほどメールでいくつか候補の商品をお送りすることもあります。

また、複数回ご訪問する際は、次回作業でどのような商品があればよりよいか打ち合わせをし、あらかじめご用意いただいたり、こちらで代理購入してお持ちすることもできます。

収納用品は「収納スペースの欠点を補う」「より使いやすくするため」を第一のモットーに、理想と予算の範囲内でできる限りの見栄えを整えるお手伝いをしています。

ご提案することが多いお店の例
100円均一(ダイソー、CanDo、Seria)、3coins、無印良品、ニトリ、IKEA、山崎実業

よくあるご依頼

いままでどんなご依頼があったのか気になりませんか?
Beforeの写真が恥ずかしいとおっしゃる依頼者さまがほとんどで、私はあまり現場写真を撮りません。
その代わりにイメージ写真を添えて、よくあるご依頼を紹介していきます。

家族みんなの笑顔のために…家全体の整理収納を改善

どこに何を置けば、どこに何を収納すれば、どこにどんな収納用品を買えばよいのか…
気づいているお悩みから潜んで見えづらい原因まで、整理収納のお悩みポイントは多岐に渡ります。

まずは「暮らしの今」と「こんな風にできたらいいな」をお伺いし、今と未来を考えながら整理収納を進めていきます。

モノが多くてつまづいているご家族や、収納場所がバラバラで手に負えなくなっているご家族、そしてそのどちらも心当たりがあるというご家族のお悩みをズバッと解決。

マンションも戸建も、ちょっと変わった間取りや収納の経験も作業経験豊富です。

リビング・ダイニング、キッチン、寝室・衣類クローゼット、子供部屋、書類・書籍、洗面所、物入れ・納戸、ロフト・屋根裏収納、マンションのトランクルームなど、各家庭のさまざまな収納スペース全体のバランスを整えることで、家族みんなが使いやすい・戻しやすい整理収納を目指します。

家族の衣類の管理が苦手で…衣類クローゼット整理収納

実家・独身時代や結婚したての頃は片付けが好きだったのに、子供が増えていつの間にか家の中が散らかって苦手になってしまった…そんな風におっしゃる方も多い、そのきっかけが衣類ということも少なくありません。特に子供の衣類は、シーズンオフ、サイズアウト、おさがり、いただきもの、新品…と、量も種類も保管もきめ細かな管理が必要になってきます。

《りなのや》オリジナルの衣類管理を各ご家庭の暮らし方に合わせてアレンジしながら、ご家族各自が出し入れしやすく、また洗濯後にできるだけ簡単にしまえるように収納しつつ、スムーズにシーズン管理サイクルが回る段取りをします。

すっきりとしたキッチンで料理がしたい…キッチン整理収納

家電、調理器具、食器、食材…何かと出入りが激しいキッチンなのに、「食材がどこにどれだけあるのかよくわからない」「調理器具の探しものが多すぎる」「二度買いが多くて悔しい」など、お悩みてんこ盛りのお宅は意外に多いもの。

家事時短と買い物のムダを省いて「ホームパーティ」や「子どもとお料理」の夢を叶えましょう!

家族みんなが使いやすいキッチンを目指して「お子さまが自分で食器をと取り出せる・戻せる」といった面も考えながら作業を行います。

新しい家族を迎えるために…出産・育児準備&お仕事復帰

産前・産後・育児期の片付けのご依頼が年々増えています。
共働きが増え、産前休暇に入って連日作業に伺うようなご要望も少なくありません。

一般的な整理収納サービスでは「依頼者も一緒に作業をする」ことを前提としている場合も多いですが、家事代行での作業経験が豊富な《りなのや》では、依頼者さまの状況に応じて作業参加をしていただいています。

初めてのお子さまで「出産・育児に何が必要?」「どこに何を置けばいい?」といったご相談に、出産経験のある整理収納コンサルタントがお応えいたします。

また、二人目以降の出産で、保管しておいた上のお子さまのものを下のお子さまに順次スムーズにお使いいただけるよう、衣類やおもちゃについて手がけることも多いです。

お子さまが楽しく集中してすごせるように…おもちゃ&学習スペース

依頼者のメインはご家族世帯。なので、リビングのおもちゃスペース、子供部屋、リビング学習の準備など、お子さまのお片づけ全般の経験がとっても豊富です。

特に夏休み・春休みには、お子さまを交えた片付けや、お子さまとマンツーマンでの片付け作業も珍しくありません。ママと二人だといつも喧嘩してしまう…いつも中途半端で終わって困っていた片付けが、プロの登場でテキパキ進みます。

子供部屋の場合は衣類・おもちゃ・本・学習教材など、様々なものが入り乱れます。日々使うもの、増えるもの、保管するもの…様々な特徴によって、適切でわかりやすい収納をご提案。

遊んで楽しい、学んで集中、本人も家族も片付けやすい…そんな整理収納を目指します。

荷解きと同時に暮らしに合わせた収納を…引越しの荷解き

荷解きのときにきちんとプロにお願いしておけばよかった…後からまた収納位置を修正する時間がなかなか取れず、一年、二年と経ってからご依頼いただくことも少なくありません。

ダンボールがなかなか開かず、ひとつの部屋になんでも押し込んで物置状態…なんてとてももったいない!!

使い勝手が悪いままストレスを抱えて過ごすよりも、定位置をきちんと決めて新居での暮らしをより心地いいものにしませんか?できる限り旧居での収納用品を活かしつつ、新居の収納の使い勝手を相談し、新しい収納用品のご提案もおまかせください。

自宅で快適な仕事環境を手に入れよう!お仕事スペース&書斎

リモートワークが多くなり、自宅での仕事時間が増えた方も少なくないのでは。

お仕事関係の整理収納について、またリビングでお仕事をするにあたっての家全体の整理収納のご相談をいただくことが近年増加中。ざっくりとしたファイリングがいいな、バインダーを使って細かく分類したいな、と用途やお好みに合わせて収納をアレンジします。

長年溜め込んでしまった書類の見直しやファイリングをいっぺんに効率的に行いたい、というご要望も。一人だと「じっくり書類をみてしまう」けれど、一緒に作業をする人(しかも、家族のように溜め込んでいることを怒らない!)がいれば自然と「私も手早く負けないように」となるものです。

アドバイザーとして、伴走者として、書籍・書類・文具の整理も行なっています。

第三者がいる方が実はサクサク進むパパ・ご主人スペース

もちろん、パパがある程度乗り気なら、というのが大前提。

キッチン、子供部屋、リビングと片付けていくうちに、だんだん自分の部屋も…「手伝ってもらえると嬉しいな」というパパが出てくるのが《りなのや》の整理収納です。

他のスペースが片付いていくと使いやすさを実感できて、「じゃあ…僕も」とお願いされることが多く、衣類・趣味スペースだけではなくお仕事スペースのご相談をいただいたことも。

普段は「ガミガミ」言われそうでママと一緒に片付けするの面倒だなというご主人も「プロの理論はどんなかな?」と内心は興味津々な方も少なくありません。